福祉の心構えを学んだ

Uncategorized

皆様こんにちは
私は介護歴2年半で来年に、介護福祉士(国家資格)を
とるべく勉強をしています。

最初に福祉の現場に出たのは
高齢者介護施設です。
そこで私は未経験で初めて”介護”というものを
経験しました。

下の世話や夜勤、食事介助、認知症など


一般人の感覚のまま丸腰で介護に触れた時は
本当に気が狂いそうになりました。
今まで40年間生きてきた他人との距離感をイキナリ
ぶっ壊されてしまうような感覚です。

普通は他人のトイレ(男女共に)なんて覗いたりしませんよね。

そんな中で、2年半やってみて
今も向上心を保った上で介護を見つめていられるのは
学ぶことが沢山あったからです。

人間の仕組み

当たり前ですが人間はどんな人でも
同じ仕組みで生きていますね。

食べる、寝る、排泄・・・

私は最初に下の介助をした時に
「すごい世界に足を突っ込んでしまった、、、泣」

、、と素直に思いました。

しかし、よくよく考えてみると
人間の仕組みのもう一つに「何人たりとも歳を取る」という事も
忘れてはなりません。

年をとれば日常生活の能力や知能、体力、認知機能など
様々な能力が衰えていく。

こんな当たり前の事を私たちは
忘れつつ、或いは目をそらしながら生きていると
突きつけられました。

動物として生きている以上誰でも
老いて死ぬことから逃れられない

ご家族の気持ち

介護をする上で大事なことで
忘れがちな事の一つがご家族の気持ちについてです。

生きづらさを感じているのはご本人だけでなく
ご本人を介護するご家族の方たちも同じです。

ご家族の方たちはもちろん仕事もあるし
ご家庭もあると思います。

私達介護士は、
ご利用者様の事だけを考えるのではなく
彼ら彼女らを支えているご家族の方たちとも
つながりがあります。

そういう視点も福祉に携わるまでは
考えたことがありませんでした。

障害者

人間とは?

コメント